2015年05月08日

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、英語: United States of America)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州及び連邦区から成る連邦共和国である[5][6]。地続きの48州及びワシントンD.C.は、カナダ及びメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部、ハワイ州は中部太平洋における多島海である。同国は、太平洋及びカリブ海に5つの有人の海外領土及び9つの無人の海外領土をも有する。985万km2の総面積は世界第3位又は第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物である。[7]同国の地理及び気候も極めて多様であり、多種多様な野生生物が存在する。

約1万5千年前、パレオ・インディアンはユーラシア大陸から現在の米国本土に移住し、ヨーロッパ諸国による植民地化は16世紀に始まった。米国は、大西洋沿岸に沿って位置する13植民地が発祥である。英国及び同植民地間の紛争により、米国は独立した。1776年7月4日、アメリカ独立戦争における英国との交戦時、同植民地の代表はアメリカ独立宣言を全会一致で発布した。1783年、同戦争は英国からの米国独立の承認により終結し、ヨーロッパの植民地帝国を相手に成功した世界初の独立戦争となった。[8][9]1787年9月17日、現在のアメリカ合衆国憲法が起草された。集合的に権利章典と名付けられた最初の10の修正案は1791年に批准され、多くの基本的な市民の権利及び自由を保証することを目的として策定された。

マニフェスト・デスティニーの教義に駆られることにより、19世紀を通して米国は北米を横断する頑強な拡大に着手した。これは、先住民の強制退去、新たな領土取得、次第に承認した新たな州を含む。[10]南北戦争は、同国における合法的な奴隷制を終わらせた。[11]19世紀末までに、同国は太平洋まで拡大し、[12]同国経済は成長し始めた。[13]米西戦争及び第一次世界大戦は、世界的な軍事大国としての同国の地位を裏付けた。第二次世界大戦から同国は世界的な超大国として浮上し、世界初の核兵器を開発した国で、戦争において核兵器を使用した唯一の国であり、国際連合安全保障理事会常任理事国でもある。冷戦及びソビエト連邦崩壊は、米国を唯一の超大国とした。[14]

米国は先進国かつ世界最大の国民経済を有する。[15]同国経済は、豊富な天然資源及び高い労働者の生産性により支えられている。[16]同国経済は脱工業化社会だと考えられる一方、世界最大の製造国のうちの1つであり続けている。[17]同国は世界の軍事支出の37%を占め、[18]世界最高位の経済及び軍事大国であり、優れた政治的及び文化的勢力であり、科学研究及び技術革新におけるリーダーである。[19]

Wikipediaから引用
posted by いっちー at 22:10| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。